Memos from Asia

デリーの歴史的観光名所4選

約4分

デリーには、何世紀にもわたる歴史と、文化的に豊かな遺産があります。

当然のことながら、デリーにはインドで最も印象的モニュメントがいくつかあります。

皇帝によって建てられた壮大な建物から、宗教的に重要な聖地まで、デリーを訪れる際には、必ずこれらの名所を訪れることをお勧めします。

クトゥブ・ミナール

クトゥブ・ミナール

高くそびえ立ち、街を見下ろすクトゥブ・ミナールは、デリーに欠かせない存在であり、すべての住民に愛されています。

高さ72.5メートルのレンガ造りのミナレット(イスラム教寺院の尖塔)は、世界で最も高いものです。

1192年に建設が始まって以来、雷や地震などの被害を受けてきました。

それにもかかわらず、それは何年にもわたっていくつかの修復を受けています。

ここには、1600年以上前の鉄の柱もあります。

この柱の不思議の一つは、長い間屋外に放置されているのにも関わらず、錆びていないことです。その理由は、どうやら自然の保護膜が形成されていたからだとか(c.f. Atlas Obscura)。

フマユンの墓

インド、ニューデリーのフマユンの墓コンペックスにあるブ・ハリマの墓。

フマユンの墓は、デリーにあるいくつかの美しく建てられた記念碑のうちの一つです。

皇帝フマユンの妻であるベガ・ベグム皇后が1569年にこの墓の建設を依頼し、1年強の歳月をかけて完成させました。

この史跡は、この地域で初めての「庭園墓」であり、特に印象的です。

デリーでこのユネスコ世界遺産を探索するときには、他の墓も訪問してみることをお勧めします。この地域には他にも魅力的な墓や建物がいくつかあり、その中にはフマユンの墓よりもずっと前から立っていたものもあります。

ジャマ・マスジド

ジャマ・マスジドでの祈りを終えた人々

ジャマ・マスジドは、1650年代に皇帝シャー・ジャハーンによって建てられたインド最大級のモスクです。

大理石と石灰岩でできたこの建物は、高さ40メートルのミナレット2つを挟んで3つのドームで構成されており、デリーの歴史的建造物の中でも最も壮大なものとなっています。

ジャマ・マスジドの大中庭は、現在も礼拝に使われており、2万5千人以上を収容することができます。

ジャンタル・マンタル

歴史的天文台、ジャンタル・マンタル(ニューデリー、インド)

デリーのジャンタル・マンタルは、北インドにある5つの類似した天文遺跡のうちの1つです。

ジャイプールのマハラジャ・サワイ・ジャイ・シン2世が1724年から1730年の間にすべての建設を担当しました。

デリーの複合施設には13の見事な構造物があり、それぞれが様々な惑星の動きを計算するために使用されています。

これらの構造物の中には、5つの装置を組み合わせたミスラ・ヤントラがあり、世界のどこであっても、いつが正午なのかを計算することができます。

ジャンタル・マンタルはデリーの中心部に位置しており、天文学や建築について学びたい人には特におすすめです。

デリーのこれらの有名な歴史的な場所の他に、市内を旅行している間に他の多くのモニュメントに出くわすことにバインドされています。

サフダルジュンの墓、アグラセン・キ・バオリ(Agrasen ki Baoli)、メハリ考古学公園(Mehrauli Archaeological Park)、ロディ・ガーデン(Lodi Garden)、プルナ・キラ(Purna Qila)などは、チェックアウトする価値のある他の観光スポットの一部です。

Leave a Reply

*
*
* (公開されません)